fc2ブログ

華氏8F

Plastic Tree とBlytheを好きな管理人の書く日記。

他人の日記を見るのが好きだ。

2011/03/09 22:33 [Wed]
っていうと、なんか凄く下世話というか下品に聞こえる。
けれど、ブログも今は個人のウェブ上の日記みたいな気がするから公開ブログってのは日記を公開しているようなもんだよね。
斯く言う私もだー。

人のブログを読むのが好きです。
最近、エッセイを読むのが面白くなってきました。
つーか中学生だったかの頃に国語の授業でエッセイを勉強した時は、「面倒臭いなぁ。」と、思ったんだけれどね。
ウィキで見てみたら中学で習ったエッセイの理念というか書き方というのは欧米での論理的な文章スタイルで、今私が好んで読んでいるのはどちらかというと日記的なものでした。


話は変わって私、実は国語の授業って好きじゃなかったかもしれない。
上のエッセイのもそうだけれど、文章を書くのって窮屈だなぁと思った。
確かに何かしらの制約は必要なのだけれど、当時の私は文章ってのはもっと自由なもんだと思っていた。今も思っている。
まあ、高校の時は現代国語の先生が好きじゃなかったから授業もそんなに好きじゃなかった。あの授業で唯一覚えているのは「こころ」を読んだことくらいだ。しかも中途半端に。
あ、後、坂口安吾か安部公房の作品は怖くて好きだった。


私は純粋に文学が好きなんじゃないんだよ。
中原中也もその昔好きだったサイトの管理人さんが好きだったから読んでみたっていうだけだし、
長野まゆみも好きな絵サイトの管理人さんからで、
司馬遼太郎はお約束だけれど、高校生の時に新撰組に燃えたからだし、
三島由紀夫は診断テストの問題文だったから全部読みたかったからで、
星新一はハイドさんが好きだからっていう理由で読み始めた。

綿矢りさと三浦しをんは賞を受賞したから興味で読み始めて、
柴崎友香は映画化されたから、
嶽本野ばらはサッカー世界杯で盛り上がっていた高校生の頃に綺麗な青い表紙に魅かれたから読み始めたんです。

ほら、偏ってるし、動機が不純すぎる。
でも偏っとろうが動機が不純だろうが、好きなものの否定だけは悲しかったんだよ。
スポンサーサイト



« 気付かんかった。  | HOME |  出だしに意味はないので悪しからず。 »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://kasi8f.blog45.fc2.com/tb.php/1196-f955d7e3

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

雨城 依為

Author:雨城 依為
呼称:あまぎえす
愛:Plastic Tree
  Blythe
  楠本まき
  骨
嫌:節足動物全般
(蜘蛛・蝶・蜂の見目はOK)
  ○DVDだとか出I系だとかのアホなメール送ってくる業者(寧ろ嫌悪)
  生卵全般(明太子除く)
  内臓系
一言:モガになりたい。
詳しいのはこちら→

*PIYO

ライヴ戦況

▼2014参戦予定

▼チケット未入手寧ろ希望的観測


▼2014参戦済
Plastic Tree結成20周年"樹念"ツアー2014『echo』
4/ 6(Sun.) 福岡・福岡DRUM LOGOS
4/13(Sun.) 香川・高松DIME
4/26(Sat.) 大阪・松下IMPホール
4/27(Sun.) 愛知・Zepp Nagoya

ブログ内検索